« 梅しごと | トップページ

2015年10月23日 (金)

バターナッツかぼちゃ

1s3a0666_2


月日のたつのは早く、ふと気がつくと、もう秋!だったりする。今年は夏の退場が早かった。

秋と言えば、やっぱりかぼちゃは欠かせない。ハロウィーンのシンボルで収穫祭の必須アイテムなのだけど、実はかぼちゃは夏(晩夏)が収穫時。

Img_8240「お盆の頃はかぼちゃでお客さまをもてなします」

「かぼちゃの煮つけは暑い時に食べます」

なんて話を鎌倉ではよく聞きます。かぼちゃが育つのは夏。その終わりに収穫し、そのまま食べることもあるのですが、「寝かして(貯蔵)」今頃食べることもあります。鎌倉の人はかぼちゃが好きらしい。初秋のかぼちゃの話はこちらから。

http://www.kamakurayasai.com/2006/10/post_1a5f.html

http://www.kamakurayasai.com/2007/10/2_ed64.html

さて、本日は、かぼちゃ界の新たな女王様、バターナッツかぼちゃの話です。

Img_8237山森さんちの畑で撮影した、シーズン終わりのバターナッツ。ちょっと変わった形でしょ?原産は南アメリカらしいのですが、日本でも、そのクリーミーな甘さが人気で、スーパーなどでも見かけます。バターナッツという名前は、その味を端的に表しているようで、一般的なかぼちゃよりピーナッツのようにスムースで、バターのように濃い感じがするんです。 あまり大きくならないようで、一般的には500g~1kの手ごろサイズ。色がピーナッツバターのような褐色…というより肌色でつややか。 おまけに形がヒョウタンのお尻が割れたようで、キュートでセクシーなんです。



Dscf0573_2半分に割ってみると、中は外皮より濃い目のオレンジ色。種は下の部分に集まっています。見ただけでわくわくします。このクリーミーさは、ポタージュかプリン向き、と言われて、作ってみました。

■バターナッツかぼちゃのプリンImg_8252


  1. バターナッツ300gを洗って適当な大きさに切り、電子レンジで2分ほど温める。
  2. それをフードプロセッサーでクリーム状になるまでマッシュする。
  3. そこに、砂糖70g、ミルク100cc、生クリーム120ccを加える。
  4. Dscf0580さらに、卵3個をさらに加え撹拌する。
  5. プリン用のカップに移し、蒸し器(わたしは鍋を使ったが)などで固まるまで蒸す。
  6. 冷やして出来上がり♪

普通のプリンより濃厚で、かぼちゃプリンよりずっとなめらかな感じです。

Dscf0574


■バターナッツのスープ

  1. バターナッツを切って皮の硬そうな所を剥き、柔らかくなるまでレンジまたは鍋で加熱
  2. フードプロセッサーにかけてマッシュ。Dscf0578
  3. さらに鍋に移して加熱、塩コショウ、コンソメ等で味を調えます。
  4. 弱火にして牛乳を加え、好みの濃さにしてひと煮立ち。
  5. カラーピーマンなどでちょっとした色どりを加え、できあがり。

|

« 梅しごと | トップページ